山形県上山市 かみのやま温泉を案内します♪

FrontPage

上山温泉案内  

上山市(かみのやま)の概要

位置 東経140度16分
北緯 38度09分
面積 241キロ平方メートル
人口 3万8千人くらい
世帯数 1万世帯くらい
市の花は菊
市の木はアララギ

上山温泉の由来

今から538年程前の長禄2年(1458年)に、肥前(今の佐賀県)の旅の僧侶、月秀が、鶴の脛の傷をいやしているのを見て、温泉を発見したと伝えられており「鶴脛の湯」と呼ばれるようになりました。

上山は会津の東山、庄内の湯野浜と並び、「奥羽三楽郷」と称えられる温泉地。地区ごとに、湯町、十日町、新湯、高松、葉山、河崎、金瓶など多くの温泉があり、総称して「かみのやま温泉」と呼ぶ。おおむね塩化物泉(ナトリウム塩化物・硫酸塩泉)で神経痛・創傷・皮膚病等に効能があると言われる。

画像の説明

この度は、上山温泉案内におこし下さり、
ありがとうございます。

お問い合わせ先
上山市観光課 023−672−1111(代)
上山市観光案内所 023−672−5703
蔵王高原総合案内所 023−673−2710
上山市観光協会上山市観光協会 023−672−0839


上山市のホームページ





a:11540 t:5 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.30
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional